*

未分類

糖尿病予防にオススメのお茶とは

投稿日:

糖尿病予防にオススメのお茶とは

どうして糖尿病になるの?

糖尿病は体内のブドウ糖の濃度が高くなり、糖がたくさん含まれたおしっこを排泄する病気の総称です。

膵臓はインスリンを作り出す大切な内臓器官、インスリンとは膵臓から分泌が行われるタンパク質性ホルモンで組織内のブドウ糖の消費を促進させる作用を持つものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

糖尿病には1型と2型の2つの種類があり、1型の場合は膵臓内でインスリンを作ることができない、できたとしても少量のものになってしまいます。

2型の場合はインスリンを作り出すものの、分泌量が少ないため、作られたインスリンは十分な作用をしないなどの特徴があるようです。

所で、ブドウ糖とはどのような物質であるのかご存知でしょうか。

この成分は血液中の主なもの、グルコースやデキストロースなどとも呼ばれているものです。

エネルギー代謝の源でもあり、脳を始めとして筋肉などを動かすために使用される物質です。

糖尿病になると血中のブドウ糖のが多くなる、血糖値が高くなるのが特徴です。

血糖値が高くなる理由の中にはインスリンが少なくて、効果を十分に得ることができなくなり、糖尿病の診断を受けることになるわけです。

尚、インスリンの働きが悪くなる原因にはストレスや運動不足などが挙げられます。

血糖値が高い人におすすめの日本のお茶

健康な体の人は食事をした際に、一時的に血液中のブドウ糖が増え、膵臓から分泌されるインスリンによりブドウ糖を体内に取り込む、体の中で蓄えてエネルギー源として利用できる状態になります。

インスリンの働きにより、血糖値は一定の範囲内に収まるわけです。

インスリンが少なくなる、この成分の効き目が悪くなるのが糖尿病、ブドウ糖を血液中から体内に取り込めなくなり、血糖値が高い状態になります。

日本茶はと尿病に良いと言われている飲み物の一つですが、糖尿病の症状を持つ人は喉が渇きやすく、水分を取る量も増えて来ます。

水や日本茶はいずれも糖質が含まれていないので、水分補給にも最適です。

尚、お茶の中でもトクホ飲料のものは血糖値の上昇を抑えてくれる成分が含まれているので症状を抑える効果を期待することができるようになります。

血糖値の上昇を抑える働きを持つ成分には、難消化性デキストリン・難消化性再結晶アミロース・グァバ葉ポリフェノール・L-アラビノースなどがあり、これらの成分が含まれている日本茶飲料を積極的に飲むのが良いと言われているのです。

ちなみに、日本茶には免疫力を高める作用もあると言われており、風邪の予防にも最適です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-未分類

Copyright© 血糖値を安定させ糖尿病を予防!ダイエットにも効果 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.