桑の葉茶の効果・効能まとめサイト

オススメの桑の葉茶はこちら!

*

桑の葉茶の驚くべき効果効能を大紹介!

ダイエットのために健康茶を飲みたいけど、どのお茶を選べば分からないと悩んでいませんか?健康茶ブームが流行っているため、現在多くの健康茶を見かける事ができる。数ある健康茶の中でも特におすすめなのが桑の葉茶。ダイエット効果はもちろん美容や健康にも嬉しい効能がたくさんある。今回は桑の葉茶の嬉しい効果から飲み方まで全て紹介し。

桑の葉茶の効果・効能

桑の葉茶にはミネラルやビタミンがタップリ含まれている。そんな桑の葉茶を飲む事でどんな効果や効能が得られるのでしょうか。主な効果・効能は以下の通り。

【効能1】血糖値を下げる

桑の葉が大きな注目を集めている理由の1つが血糖値を下げるという効果。桑の葉にはDNJと呼ばれる血糖値を抑制する成分が含まれている。このDNJはブドウ糖と構造が非常によく似ていて、ブドウ糖を吸収して体内に取り組むαグルコシダーゼと結びつく効果がある。つまり本来はブドウ糖を吸収するべきαグルコシダーゼですが、DNJと先に結びつく事によって余計なブドウ糖は吸収しなくなる。結果的にブドウ糖の吸収は抑えられて血糖値が下がる。

【効能2】糖尿病の予防・改善

血糖値が下がる事は糖尿病を予防・改善する事でもある。桑の葉茶を飲む事によって食後の血糖値上昇を抑える事ができる。

【効能3】抗酸化作用

我々の体は日々酸化している。酸化とは簡単に言えば体が古くなっていくという事。酸化が起こる原因は様々。酸化は老化の原因、生活習慣病の敵と言われるだけあって体には良くない。

桑の葉茶にはそんな酸化を防ぐ効果がある。桑の葉茶には酸化に効くポリフェノールやビタミンがたっぷり。毎日桑の葉茶を飲用する事によって、体内の酸化を防ぐ事ができる、つまりいつまでも若々しく美しい体を保つ事ができるの。

また抗酸化作用は美肌・美髪作りにも欠かせない成分。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな嬉しい効果効能がいっぱいの桑の葉茶

オススメの桑の葉茶はこちら

ただいま紹介した桑の葉茶の効果はほんの一部。実際にはまだまだ体にいい効果がたくさん!もう少し紹介いたしますね。

 

【効能4】整腸作用

現代では男女問わず多くの方が便秘に悩んでいる。便秘の原因の1つに腸内環境が悪化している事が挙げられる。桑の葉茶にはそんな腸内環境を整えてくれる成分がある。

桑の葉茶には緑茶の約5倍もの食物繊維が含まれている。これは食物繊維が豊富な代表的食材ごぼうに匹敵。食物繊維は便秘を解消する事はもちろん、腸内環境を整えてくれる働きがある。

【効能5】デトックス効果

桑の葉茶には便秘解消作用だけではなく、利尿作用もある。つまり体内に溜まった必要がない物質を積極的に排出するデトックス効果があるの。桑の葉茶を飲んで体内からきれいな体になりましょう。

【効能6】リラックス効果

桑の葉茶を飲む事によって精神が安定。現代人はストレスと切っても切り離す事ができない関係にあります。桑の葉茶を飲む事によってリラックスし、ストレスを解消する事ができます。

桑の葉茶にはその他にも健康や美容に嬉しい効果がたくさんある。毎日飲むことによって体内から輝く美しい体になる。

桑の葉の豆知識

桑の葉茶とは?

桑と言えば蚕を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?桑の葉は蚕にとって栄養豊富な餌。その桑に最近注目が集まっている。

桑の葉茶とは、くわ科の落葉樹である桑の葉の部分を茶葉として作ったお茶のこと。お茶には葉が使われていますが、実は葉だけではなく根や実、そして枝まで全てに栄養成分が詰まっていることが明らかになっている。そのため漢方薬として根や実、枝は使われている。

その桑の葉が持つ栄養成分はすでに述べた通り。現代で注目を浴びていますが、実は古来より薬として使用されてきました。日本では鎌倉時代から薬として使用されていたそう。

桑の葉茶には副作用はあるの?

長年漢方薬として使われている桑の葉茶ですが、これまで特に目立った副作用は確認されていません。カフェインも含まれていないので妊婦や授乳中の方、子供や高齢者も飲めると思いますが、まだ十分な研究が行われていないのが実態。そのため飲む前に医師に相談してみるのがいいでしょう。

まれに満腹感やおならが出やすくなるという症状がみられるそう。特に問題はありませんが、もし症状が長引いた場合は摂取を中断した方が賢明。

桑の葉茶のおすすめの飲むタイイングは?

桑の葉茶は基本的には自分の好きなタイミングで飲んで構いません。しかしおすすめの飲むタイミングがあるというのも事実。

それは食前に1杯飲むという事。食前に1杯桑の葉茶を飲むことによって、DNJが効果的に働く。つまりDNJが食事を摂取する前に吸収され、後ほど食事と共に吸収されるブドウ糖の吸収を抑制することができるの。

桑の葉茶は淹れ方に要注意!

桑の葉茶を飲むときは必ず1煎目を飲むようにしましょう。なぜなら1煎目にこそDNJが含まれ、それ以降はDNJがほとんど含まれない、つまり血糖値を下げる効果の期待はできないから。

桑の葉茶のアレンジ方法

桑の葉茶を飲むときに心がけるべき大切なことは、短期間で効果を望むよりも、長期間飲み続けて効果を得るということ。桑の葉茶を一週間程度飲んだとしても、大きな効果は得られません。大切なのは少しずつでもいいので毎日飲み続けるということ。

しかし桑の葉茶を長期的に飲んでいると味に飽きてくる可能性が高い。そのため時にはアレンジして飲みましょう。例えば砂糖やミルクを入れるのもいいですし、炭酸飲料と混ぜても意外とおいしい。

ストレスがたまった時には砂糖の代わりに黒蜜を入れるとかなり贅沢な時間となり、ストレスも吹っ飛ぶ。基本的には何もいれないで飲むようにし、時には甘めに作ったりして飲むと毎日飽きることなく飲み続けることができる。

お茶の代わりに桑の葉茶を取り入れよう!

桑の葉茶には血糖値を下げるという効果以外にも、ビタミンやミネラルが豊富という点にも注目したい。スーパーやネットショップで手軽に購入することができるので、毎日のお茶代わりに桑の葉茶を飲用してみてはいかがですか?毎日飲用することで体内から輝く美しく健康的な体になることができる。

農林水産省のホームページでは食料、食生活等についてのご相談が可能

 

桑の葉茶のまとめ

桑の葉は、古くから日本各地の森林や農村に自生しているクワ科の植物。比較的低い落葉樹で、かつて日本で養蚕業が盛んだった時代には、養蚕を行っている地域で盛んに栽培され、その葉を蚕の餌として利用していました。そして、餌としての活用だけでなく、人間が飲むお茶としても活用する習慣があったと言われている。 桑は多くの薬効をもつ植物としても知られており、葉の活用だけでなく、桑の実や枝、根の皮に至るまで、さまざまな部位が漢方薬として利用される。中国では後漢時代に書かれたとされる書物にその薬効についての記述が残されており、日本においても鎌倉時代から桑の葉を薬草として利用してきたと伝えられている。

桑の葉の効果効能は多岐にわたりる。 食後の血糖値が上昇するのを抑えたり、糖尿病の予防や改善に効果がある他、高血圧を改善したり、中性脂肪の値を下げる効果もある。コレステロール値を下げる働きもあるため、血液を清浄にして動脈硬化やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病を予防する。さらに、腸内環境を整える効果を持ち、便秘やむくみを改善してくれるため、ダイエットにも有効。肝臓や腎臓の機能を改善する働きもあり、桑の葉は体全体を元気にしてくれる薬効を持つと言ってよいでしょう。 桑の葉の効果的な飲み方は、一番手軽なものではお茶として飲む方法がある。 飲むタイミングとしては、食前や食事の直後が良いでしょう。日本人の食事には白米やパン、麺類といった炭水化物が欠かせません。桑の葉には、このような食事で摂取した糖分の吸収を抑えてくれる働きがある。桑の葉に含まれるDNJと呼ばれる成分は、糖分であるブドウ糖と似た構造をしているため、体内に入るとブドウ糖を分解する成分と結びついて、本物のブドウ糖が吸収されるのを阻害すうr。全てを阻害してしまうわけではなく、ブドウ糖の吸収をゆるやかにし、インスリンの分泌も促進してくれるため、血糖値の上昇を抑えて糖尿病を予防することができる。このとき、食後の糖分が吸収されてしまってから飲むのでは遅く、食前に体内に入れておくことで十分な効果を得ることができる。 一日数杯のお茶を長期的に摂取し続けることで、より良い効果を得ることができます。

更新日:

Copyright© オススメの桑の葉茶はこちら! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.